君津市の注文住宅、広い家より寒くない家。

関東の家はさむい!!

関東の住まいは、寒い。その為北海道の人が来たら関東は寒いと言います。北海道の住まいは、外が寒い分、家の中は暖かい。一方、南関東は特に、家が寒い。外も寒いけれども、暖房器具をガンガン使って家を暖めます。だから、暖房の近くで無いと寒い。住まいは、もともと外部影響から守るためのシェルターの役割が大きいのですが、どうしても夏暖かい関東では、温熱環境は軽視してきました。その為関東の家は寒いと言われてしまっています。そこはしっかり設計をする必要があります。

おさらい、寒くない家にするセオリー

寒くない家は、どんな家でしょうか?、一般的には断熱材を入れる家という事になります。けども断熱材も種類が豊富で、それぞれメリット、デメリットがあります。性能が悪くても安い断熱材。逆に性能が高くても高価な断熱材。それではどっちが良いでしょうか?
答えは、使い方次第です。断熱性能が悪くても沢山入れる事が出来れば、熱の移動は少なくなります。その為一概に、断熱材を沢山入れればよいという物でもありません。やはりTPOとコストを考慮して使いたいものです。

次に断熱材を沢山入れても窓が結露しているようではいけません。窓は、面積にもよりますが70%も熱が逃げている部分なので、窓の断熱補強は最重要です。ある意味、壁の断熱材を盛りだくさん入れるなら窓をペアガラスや断熱カーテンにした方が効果が大きく出ます。

名にはさておき、まずは断熱材と開口部の断熱補強は最重視です

断熱と気密はセットで考えましょう。可変透湿気密シートのタイベックスマート

これは、可変透湿気密シートの施工です。しっかりと気密を確保しながら、冬は通常の防湿気密シートのように湿気を通さず、過乾燥を防ぎ、逆に夏はベトベトしてしまうほど、湿度が高い日が続くと、壁体内が高温多湿になりカビや結露が発生しそうになるので、その時は湿気を通し、通年を通して壁体内を良好に保つよう機能するベーパーバリアです。

断熱材と共に、上手に湿気の移動と、気密性の確保の為には可変透湿気密シートのタイベックスマートやインテロを使いたいところです。

断熱材はセルロースファイバー

可変透湿気密シートの前は、このように断熱材を吹き込みます。今回の住まいはセルロースファイバーを断熱材に使っているので、より壁体内を良好に保つことができます。更に、セルロースの良さを生かすためにも、プラスチック系の気密シートではなく、こういった可変シートを使う事も考慮したいところです。さらに今回は壁の内側を野縁でふかしているので、ここが配線ルートになります。通常は、壁の中にコンセントボックスなど入れ込むのですが、より高性能化をめざし、気密シートのカットを最小限にした設計をしております。もちろん内壁が厚くなってしまうので、設計段階から、外周部周りは大きくしています、細々設計的配慮が重なりますのでちょっと高級仕様です。

君津市でももちろん雪は降るし、冬は寒いです。ですので、外断熱も施工しています。基礎は、基礎内断熱です。とにかくスペックにこだわっています。家一軒をエアコン一台で賄えるように、換気設備もこだわっています。

高級な家だから、広くある必要はないと思っています。それよりも、小さな家に、性能や、生活のエピソードを詰め込むという考え方も注文住宅だからできるでしょう。