35坪の中庭のある家で、自分の空を手に入れる_木更津

中庭でやりたい事を見つける

折角の住まいだから、家で楽しむエピソードを見つける。中庭があれば、周りを気にする事もない。子供達も安心して遊ばせる。庭でビールを飲める。ささやかな贅沢を堪能する住まい。あれをしたいこれをしたい。それが住まいは始まり。

昼からビールって最高

ガルバニウム鋼板の外壁と杉板の中庭

ガルバニウム鋼板の外壁のモダンなデザインの中に、白く塗った杉板の下見張の中庭。外観はモダンにカッコよく、中庭は優しく。ウッドデッキは、ウリン材、経年変化でグレー色に変色します。総二階ではなく、下屋のある空間。今では自分の家の屋根を見る事も少なくなりました。こんな風情は、まるで町屋の坪庭のような中庭になっています。そして対面に離れの和室を配置。この和室は家族の集まる部屋とは別れています。御主人が夜間の仕事で、昼間寝なくてはならない時でも、ぐっすり寝れるようにこの離れを作りました。

35坪と言う大きさ

35坪という大きさはLDKを20畳くらいにして、動線を短く設定すれば4部屋取ることもできます。皆さんで言う所の4LDK。でも、そんなにうまくはいかない。大抵我慢しながら、必要な間取りを確保する。空間の狭さの我慢はOKだと思うけども、やりたい事、楽しい事の我慢はしてはいけない。限られた広さを生かす。更にもう一つアクセントを加えたい。35坪でも40坪くらい広く使えて、敷地も有効利用できる住まい。そんな住まいを目指しました。

部屋を大きく見せる手法

同じ大きさの部屋でも、真四角と長方形では感じ方は全く異なります。人の目は前についています。自分の前の空間しか認識できないので、長手を作ることで、空間の広さを感じる事ができます。この住まいのリビングは、リビングーダイニングーキッチンを連続させることで、そのような効果を狙っています。

中庭で手に入れるもの。自分の空を手に入れる事

中庭の良いところは、視線が遮られ、空だけ見る事が出来ます。空は誰のものでもないけれども、自分の家の上の空は自分の空になる。中庭は、そうやって囲んで空を切り取ってくれる。これもすごく贅沢な事です。