スキップフロアと吹き抜けを30坪にデザインした住まい

吹き抜け・スキップフロア・一筆書きの空間

吹き抜けにスキップフロア。漆喰にモザイクタイル。無垢のフローリング、小さな面積の中に沢山の建築的要素をちりばめた住まいになっています。高さの異なる部屋は、階段と廊下を介して一筆書きの様に楽しい動線計画になっています。一つの家族が一つの空間の中で楽しく暮らす。そんなこだわりの住まいです。

スキップフロアは、広さが必要

スキップフロアは、どうしても人の歩くスペースが必要になります。そのため、同じ間取りでもフラットな階よりも広さが必要になるため、広い家でないと採用の難しいプランになります。また、構造的にも壁の配置に考慮が必要になります。

吹き抜けの、意味

吹き抜けは、憧れのデザインとよく言われますが、その吹き抜けがどのように意味を成すのか考えておく必要があります。吹き抜けは、2階に床を設置することをやめてでも、設けた部分なのです。だからこそどんな風に使うか!どれだけ豊かになるか!考えて設置しましょう。

30坪の中にちりばめるデザイン

3LDK+ファミリースペースという間取り。30坪という大きさは、決して大きな住まいではありません。一方、吹き抜けや、スキップフロアは面積の増えるデザイン要素です。そういった中でも、空間を効率的に組み合わせることや、普通を疑い自分達の暮らしを整理することで、30坪の面積の中にスキップフロアと、吹き抜けが可能になります。リビングを、スキップフロアの一部にして、その場所をファミリースペースにしました。

シークエンスを楽しむ

『玄関ー廊下ーダイニングキッチンーファミリースペースー主寝室ー子供室ーお風呂ー室内洗濯物干し場』
このように吹き抜けの周りに各部屋を配置しました。床には床暖房を設置し、栗のフローリングで暗めにコーディネートして壁には漆喰を塗り光がきれいに走るような空間構成になっています。