塩害、風雨の激しい立地

今回の立地は、週末は観光でもにぎわう富津の金谷。久里浜からフェリーも運航しているので、昔ながらの感じも残っています。

この場所はやはり海沿いという事もあり、海風が強く塩害の多い地域。この地域の車は、やはり海風にやられるので、あまり寿命は長くないです。

そんな立地もあり、今回は積極的にガルバニウムを使う事を辞める事にしました。他の代替材料で、一般的なサイディングもあるのですが、やはり、我々にご依頼されるという事で、少し変わったものを探すことにしました。

焼き物の外壁材 陶板壁材

塩害に対応するという事で、木材も考えましたが、近辺に空き家があり、そこからの白蟻の影響があるかも知れないので、今回は木材の外壁もなし。

そこで、焼き物のフリーメンテナンスの材料を候補に挙げる事にしました。

瓦メーカーの鶴弥が出しているスーパーウォールトライ

鶴弥担当の方に来てもらい、商品の説明を受けます。写真は現物。中空の陶板は、重量を軽くしています。素焼きのものは、風合いが良いです。

こちらは釉薬のついているタイプ。このグラデーションは焼き物ならでは。個性的で、我々デザイナーとしてもかなり惚れる材料です。

陶板の為、基本的には色あせなど気にせず、塩害にも強く、メンテナンスはフリーな材料。このあたりもかなり魅力的です。

基本の色は、ベージュ、ホワイト、グレーなどありますが、こちらは、普通のサイディングと意匠が変わらないので、やはり素焼きか、釉薬のグラデーションのついたものが焼き物ならではのデザインだと思います。

目地と、価格が気になる

ここまで良い材料ですが、目地には、シーリングを使います。陶板はメンテナンスは掛からないのですが、シーリングのメンテナンスは必要になります。出来ればシーリングレス工法でこの陶板を施工できれば、本当にメンテフリーになるでしょう。メーカーさんの開発が待たれます。

あと、どうしても、焼き物なので価格が高い。施工も、通常のサイディングでは使わないダイヤモンドカッターを使っての施工となるので、少し手間が掛かります。それよりも、使った事のない材料だと思うので、および腰になる材料でもあります。安いサイディングと比べてどこまで価格差が出るかは、それぞれの施工会社次第だけれども、目安では、倍くらい考えておいた方が良いでしょう。

安くはないですが、本当に魅力はあります。