家づくりで満足する方法知っていますか???

 

答えは 自分で設計する事です。

■自分で間取りを描く理由を聞けば、
描かないという選択肢は、なくなります

普通住まいづくりを依頼する時

設計者が間取りを考える際、お客さんに対して、入念なヒアリングを行います。そして住む人の生活を考えながら、間取りやデザインを決めてゆきます。

工務店やハウスメーカーの場合、何種類かの規格商品のカタログからプランを選んだりします。

これは、どちらの家づくりが満足できるのでしょうか。。。

答えは、どちらも満足できるし、出来ない事もあります

えっ、どういう事??

地域ビルダーの設計、ハウスメーカーの規格商品の開発、高級な注文住宅、
家と言う家を様々デザインして、工事も行いローコストのノウハウも作ってきた、房総イズムは思いました。

お客さんが満足した家は、とにかくお客さんが主役に家つくりに参加している事

参加と言っても生半可なものではなく、

自分で間取りを作る。パースを自分で作る。
模型を自分で作る。材料も自分で選んでくる。

こんなお客様は、確実に満足しています。

これは安い高いではないんですね。

でも、皆さん、良いか悪いかの判断がつかない。そこを専門家に見てほしい。

房総イズムは、だったらとことん裏方に回って家づくりのサポートに接しようと。

じぶんで、パースや模型まで作れなくても間取りは考えた方が良いです!!

それがじぶん家設計で家づくりをやろうと思ったきっかけです。

■素人の自分でも間取りが描ける理由

 

 

○難しい法律は、その都度教えてくれます。

○使い勝手メリットデメリットを伝えてくれるので、比較検討できます

○コストが全く分からないままでは、不安。常に大枠のコスト感を考慮しながら導いてくれます

 

 

■あなたの家の最高のデザイナーは、あなた自身です!!

結論から言えば、あなたの生活スタイルを一番理解しているのは、あなた自身です。

自分で間取りを描くことは、最高のデザイナーに住宅デザインを依頼していることと同じなのです。

正直100点の家はできません。常に取捨選択をしながら、コストデザイン機能を決定してゆきます。
そこの材料は私達がお手伝いします。

■コストを把握しながら自由設計

せっかく間取りを考えてみても、工務店による見積もりでコストの壁に阻まれ、計画変更を余儀なくされる事例は後を絶ちません。

これを回避するには、初めの間取りの時に大まかなコストを抑えておくことが重要になります。

房総イズムは、今までのデータに基づき、コスト感を提示する事が出来ます。これは設計と施工の強みがあるからこそできる技です。

例えばショッピングに行って買い物をする時、あらかじめ予算を決めて商品を選んでいくと思いますが、このショッピングと同じような感覚で進めていくのが、コストを明確にした自由設計です

■難解な法律、多様な材料のアドバイス

建築は様々な法律が地域ごとに異なっています。そういった実務的な部分は我々の方で対応するので心配ありません。

最近では様々な材料があります。コスト感も気にしながらですが、御提案もしますし、使いたいものがあればおっしゃってください。良いか悪いかの判断なども専門家目線でアドバイスいたします

沢山のアドバイスの源は、沢山の知識

房総イズムの設計の頭の中を、整理して記事を書いています。

房総イズムの頭の中

房総イズムの頭の中

覗いてもらえれば、家づくりの様々な事を知ることができますので、是非どうぞ!!