こんにちは、房総イズムです。小屋や、コンテナハウスをやっていると、『小屋に基礎工事はいらないですか?』『コンテナハウスを基礎なしで設置したいんだけど?』と言われる事があります。今回は基礎工事のお話をします。

基礎工事とは

基礎工事とは、主に住宅の場合、鉄筋コンクリートを用いて、地面の上に作られる構造物です。地耐力(地面の強度)が無い場合は、地盤補強や地盤改良というものを行い、地面の強度がある支持層まで力を伝えるか、地面に強度がある状態にするかなどの地耐力がある状態で基礎工事を行います。

地盤の支持層→基礎工事→建物本体

基礎工事の一般的な工程について少しお話しを致します。

基礎工事のスタートは  やり方出し

コンテナの基礎工事
コンテナの基礎工事

建物の位置から、一定寸法逃げた位置に貫を設置します。 これからユンボで掘っていく工程の前段階です

根切り工事

根切り工事は、ユンボで、基礎設計の所定の深さまで掘り下げます。地面の強度が出ていない時は、出ている部分まで掘り下げる事もあります。一般的な木造住宅だと40cm位の根切り深さになりますが、コンテナハウスの場合、重量鉄骨構造扱いになりますので、基礎もボリュームのある仕様になります。この物件は傾斜地に建てるコンテナハウスなので、1m以上も根切りを行っています。

コンテナ工事 根切り
コンテナ工事 根切り

こちらは、一般的な木造住宅の基礎になります。土地も平場で、地面の強度も申し分なかったので、一般的な根切り深さになっています。

木造住宅の根切り工事
木造住宅の根切り工事

POINT

重機を用いて掘った時の感触で、地盤調査通り地耐力が出ている感覚を得られるかも重要なファクターなので大切にしたいチェック内容です。

コンテナ基礎工事 締固め
コンテナ基礎工事 締固め

地盤に強度が無い時には杭基礎や、置換工法など行いますが、やはり基礎工事の基本は、砕石と締固めが重要であります。

砕石、捨コン

地面を所定位置まで掘り下げた後には、砕石を敷きます。この砕石はRC40もしくはC40という砕石を使う事が多いです。砕石の工事の主な目的は、地盤面表面の締固めと、地盤面に均等に力が伝わるようにするために行う工事です。神社仏閣では、石で地盤面に置く工事は行われており、割栗と言った地業になります。

コンテナ基礎工事 砕石敷き
コンテナ基礎工事 砕石敷き

捨コンとは、この砕石の上に、30~50㎜の厚さで敷くコンクリートの事です。このコンクリートは、捨てコンというくらいで、強度的に必要な部材ではありませんが、基礎工事には必須の工程になります。捨コンは、基礎の正確な位置を出すための、墨出しを行うための工程です。この墨出しで、鉄筋やコンクリートの型枠の位置を出してゆきます。

基礎工事 捨コンの意味
基礎工事 捨コンの意味

いよいよ、基礎工事の鉄筋工事

コンテナハウス 鉄筋工事

捨コンまで終われば、次に現場で鉄筋を組む工事行います。この鉄筋は、基礎屋さんの工場で、事前にある程度組み立てて現場に搬入する場合と、現場で一本づつ組む場合と、鉄筋加工工場にて、ユニット鉄筋として現場に搬入される場合といくつか種類があります。工程や、コスト、鉄筋の加工難易度によっても施工方法は異なります。

基礎工事の鉄筋現場加工

型枠組み~コンクリートの打設

鉄筋が組みあがると、コンクリートを流すための型枠の設置を行います。木造住宅の場合は、一般的に鋼製型枠を用いますが、コンテナハウスの基礎の場合、鋼製型枠ではなくコンパネの型枠を組みます。その理由として、鋼製型枠は、サイズが決まっていて、鉄骨構造の基礎工事のように地中梁が多くあるような基礎には、サイズが合わない事が理由です。

基礎工事 鋼製型枠工事
基礎工事 コンパネ型枠

次に、コンクリートの打設を行います。コンクリートは、生コン工場へ、強度やワーカビリティー(施工性)の配合計画書の指示を行い、生コン車で搬入されます。圧送ポンプで型枠内に流し込みます。

基礎工事 コンクリート打設

基礎工事は、耐圧盤と、立ち上がり、地中梁など数回に分けで鉄筋→型枠→コンクリート打設を繰り返す時間のかかる工事なのです。

コンテナハウスに基礎工事が必要な理由

コンテナハウスであっても、それは人の住む建築物です。建築物である以上、建築基準法に則って建築する必要があります。

もちろん建築物は地震にや風災に耐える必要があります。コンテナ自体は、大変丈夫作られていて7段も載せて荒波をこえてくる堅固さを兼ね備えていますが、強風で動いてしまったり、地震でずれてしまったりと言う可能性は大いにあります。

千葉県の台風15号の強風時には、多くのコンテナ倉庫や、プレハブ小屋が吹き飛ばされたり、何メートルもずれてしまう事がありました。風速50mの場合にはこういった事も起きてしまいます。

コンテナハウスの堅固さを最大限生かすためにも、上記のような工程を踏まえたしっかりとした基礎工事は必要であります。

つまり、

 

 

  • コンテナハウスも建築物であるから基礎工事が
  • コンテナハウスでも災害による被害を防止するために基礎工事は必要
千葉の台風の被害は甚大!!

では、どうしてコンテナハウスに基礎工事が必要ないと思われているのか

コンテナは、トレーラーで運ばれて、レッカーで釣り上げて現場に設置します。つまり、設置すれば、それで一応コンテナハウスにはなってしまいます。こんなに簡易的に住まいが出来てしまう商品は他にはなく、設置完了=完成とイメージ出来てしまうので上記にお話ししたような手間のかかる基礎工事はないと思ってしまいます。

コンテナハウスはレッカーで据え付けるだけ

多くのコンテナハウス業者は、コンテナハウスのメリットは、短工期などと謳っていて、更に、基礎工事は、別工事です、施主が行ってくださいと言っている業者もいるようです。

考えてみてください。工務店に木造住宅を依頼して、基礎工事は別です・・なんて言われる事はないですよね。コンテナハウスは、箱として完成してしまっているので、業者としては売りやすい商材ではありますが、建築物としては基礎まで含めて完成品だと考えてください。

簡易的に設置できるコンテナハウスのメリットだからこそ、基礎工事が無くても良いという間違った認識が増えているように思えます。

基礎が無くても、小屋や、コンテナハウスにも固定資産税が掛かる??

これも良く聞かれる質問ですが、小屋や、コンテナハウスは、基礎が無いから固定資産税が掛からないと言われる事があります。

固定資産税に参入されるかどうかは、土地に定着している必要性があるので、基礎が無ければ固定されていないという事で、固定資産税の対象にならないとの考えだと思いますが、基礎が無くても、容易に動かすことが出来なければ、固定資産の対象になる可能性が高いです。容易にと言うのは、車輪がついているようなトレーラーハウスをイメージしてください。

雨風を防げるような構造物は、固定資産の対象になる可能性が高いので、基礎が有る無しで、判断しないようにしましょう。

 

追伸

コンテナハウスは基礎は必要です。千葉で台風被害を受けた私達だからこそ言える事は、コンテナの自重があっても、暴風では動きます。しかも、基礎工事をしないからと言って、税金が安くなることもないでしょう。コンテナはそれ自体は堅固ですので、それを生かすコンテナハウスを考えてみましょう。もちろん不明な点があれば、房総イズムにご質問ください。