すのこファサードと大きな庇が印象的な住まい

すのこファサード:ファサードラタンとも呼ぶ、外観の手法。すのこ状に並べた秋田杉は、隙間を空けて配置する事で、外壁の通気層に、多くの空気を流入する事が出来ます。しかも、幅の異なる杉板をリズム感を持っていて、独特な雰囲気を作ってくれます。また、大きな庇は、マホガニーという板を張り込み、とても大きな庇を形成しています。庇は風雨から、住まいを守ってくれます。

梁を見せ、床合板を黒塗装、天井高さを生かした、心地よい空間

リビングとダイニングキッチンと言う間取り。キッチンは、とにかく使いやすく大きく作り込みました。大きな梁と天井の黒い塗装は、空間を引き立てています

玄関には、ダイニングへの買い物扉があります

玄関から買い物袋を毎日キッチンへ運ぶのは大変。玄関横に買い物袋を手渡しできる扉を作りました。また、玄関には式台も兼用したので、靴を履くのも容易です

将来二部屋と大きな庇のバルコニー

将来二部屋は、大きな3枚扉を開ければ大きな一部屋になります。バルコニーは、仕事中でも雨が降り込まないように、大きな庇が付けられています