こんにちは房総イズムです。昨今のニュースやスマホのお知らせに地震の情報が多く出ています。そこでニーズの高いのは耐震等級の高い家。住まいは家族の生活を作る場所であることと共にシェルターであることも否めません。そこで今回は、実際の現場、袖ヶ浦の注文住宅を参考にして家の耐震性のお話しをしたいと思います。

耐震とは壁の耐力壁だけではなく、基礎の構造もとても需要

一般的に耐震の強い家にしてほしいと言う時、お客様からは『筋交いを沢山入れてほしい』など壁の耐震のお話をすることが多いと思います。

大きな震災でも倒壊したときには、グチャっと、壁が崩壊していることが多く、一般の方にはそういった絵の印象が強く、耐震=壁の補強とイメージしやすい内容だと思います。

もちろん壁の耐震補強はとても重要で、建物は壁だけで成り立っているわけではありません。屋根や床、さらに基礎、加えて地盤の頑丈さです。トータルで耐震を考える必要があります。

耐震等級が高くなるほど気を付けたい

現在の構造計算では、剛性を強くすることが、構造的に強いと言える考え方にになります。

(昔の木造建築特に神社仏閣などは、木のめり込みや、石場建て工法のように建物本体をずらすことで地震力を逃がしていましたが、このような計算は非常に難解なので、一般的には耐える方向の計算で進んでおります)

建物が地震に耐えるということは、建物がグッっとこらえるイメージに近くなります。

人で例えると、横から押されれば、足腰で踏ん張って、腹筋背筋も使います。さらに関節も曲がらないように頑張ります。

耐えるということは、いろいろなところにひずみが来るということも理解しておく必要があります

耐震強度を上げるほど気を付けたいことも増える

耐震強度を上げるということは、人で言えば、足腰を踏ん張るというイメージに近いです。その時、二本足で立って踏ん張るか、一本足で踏ん張るかをイメージしてみましょう。

もちろん二本足の方が安定しますよね。一本足だと、二本で負担していた力を一本で負担することになります。そうすると一本足は、とても疲れるし、負担しきれなくなるかもしれないです。

つまり耐震強度を上げるときに、注意しておきたいことは、バランスよく負担する場所を設定しておくということです。

耐震強度が上がれば、部材に負担が増える

上記の内容の続きになりますが、耐震強度が上がれば、それだけ大きな力を、どこかが負担していることになります。特に、木造住宅であると、接合部や筋交いといった部分。そのため、その耐力に見合う金物の選定が必須になります。

耐震設計で強度を上げるほど、基礎の負担も増える

建物に加わる力は、上から下へ伝わります。もちろん建物が空中に浮いていればどこかにその力は逃げるのでしょうが、そういった建物は今のところございませんので、一般的には地面に伝わります。

屋根→二階壁→二階床→1階壁→基礎→地面

このような流れです。どうしても耐震を考慮して構造を考えるとき目に見える壁の耐震化を求められますが壁を耐震化したということは、基礎も同様に検討する必要があります。木造住宅自体他の建造物に比べ非常に軽いので、その分基礎への負担は小さくなりますが、それでもしっかりとした設計は必要です。

 

耐震等級1では、ほぼ足りないと言っても過言ではありません

耐震等級のお話は、震度いくつまで耐えられるという多くの質問でお答えしていますのでこちらの記事を参考にしてください

そもそも、耐震等級1というのは建築基準法で定められた基準になりますが、この基準は最低限と考えて間違いないでしょう。

建築基準法の第一条にこのような記載があります

第一条 この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定め て、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もつて公共の福祉の増進に資するこ とを目的とする。

基準法にも最低基準として記載があります。これだけは守っておきましょうというのが、主題ですので、本当に最低限と考えてもらって、住まいをもう少し耐震的に配慮しましょう。

耐震等級3を取得する木造の基礎 素人でも知っていてほしい基礎のポイント

難しい設計の内容はさておき、耐震等級3を取得できるような基礎の形状についてポイントをお話いたします。今回、袖ヶ浦の注文住宅は、木造二階建てのべた基礎で設計しています。細かい内容は記載していませんが、パッと見た感じでわかる場所を記載しています。一般の方でも見ただけでわかります。耐震等級3を取得しようとすると、それなりの基礎工事になりますので、そういった面でも参考にしてください。

①べた基礎は、耐圧盤を地中梁で区画をすることが重要

小屋などの小さい基礎の時は、必要ないですが、主に住宅の場合、べた基礎のスラブが大きくなると、このように地中梁で区画します。イメージは、A4の紙はそのままだとペラペラですが、その周りに割りばしを付けるとしっかりします。そんなイメージです。下の写真は、その地中梁の部分の根切の様子です。

耐圧板を地中梁で区画する

②一階の耐力壁がある場所には、地中梁が必要

セオリー通りであるなら1階の耐力壁がある場所は、地中梁を通します。それは、耐力壁がある部分は、グッっと上の荷重がかかる部分です。その時に耐えられるように地中梁を渡しておきます。基礎図では、FGというのが地中梁の表記になります。深く掘ってある部分がその地中梁です。

耐力壁がある場所には基礎梁の設置

③基礎の耐圧盤が広くなれば、鉄筋を密に設計する

べた基礎の底の部分の耐圧盤は、地中梁の区画の大きさで鉄筋の本数が変わります。区画が大きくなれば鉄筋を密に入れる必要があります。耐圧盤が非常に大きくて場合によっては、上下にダブル配筋を行うこともあります。注文住宅は毎回間取りが異なるので、耐圧盤だからと言って、いつも同じ配筋にはならないはずなのです。

耐圧板の鉄筋のピッチ

④人通口は、耐力壁のない場所で、さらに鉄筋は補強筋を付けておきたい

人通口というのは、基礎の点検時に基礎の内部を回れるように人が通る場所の基礎の立ち上がりを無くしておく場所のことです。この場所は、立ち上がりがなくなって欠損になるので、補強筋を仕込んでおきます。

人通口の補強筋

⑤鉄筋の立ち上がりにはフックを付けておきたい。もしくは認定の溶接

耐圧盤の上には基礎の立ち上がりがつきます。基礎の立ち上がりには横と縦に鉄筋がつきますが、その鉄筋が離れないようにフックを付けておきます。このフックの加工は大変労力がかかるので、基礎屋さんは嫌がるのですが、しっかりつけてもらいます。

基礎の立ち上がりにはフックの加工が必須

※参考資料 君津の注文住宅ではこちらを使いました。
最近は鉄筋を工場で組んでくる工法もあります。俗にいうユニット鉄筋という商品です。こういった鉄筋の場合、指定工場で、認定の溶接が可能ですので、フックがなくても同様の効果が得られます。主にハウスメーカーさんはこの工法を用いる事が多いと思います。

ユニット鉄筋のフックを省略した溶接仕様

検査員の検査

鉄筋というのはコンクリートを打設してしまうと見えなくなってしまうので、その前に、図面通り鉄筋が施工されているかの検査が必須になります。検査項目は、図面通りの間取りか、指定鉄筋でピッチは図面通りかなど多岐にわたります。

鉄筋の検査

使用した鉄筋のミルシート

基礎屋さんが使用した鉄筋は、ミルシートという納品書で再確認することができます。これは一般のお客さんが見ることはほとんどないと思いますが、品質チェックとして重要な項目の一つです。

基礎工事に使用した鉄筋のミルシート

配合したコンクリートの配合計画書

さらに、鉄筋に加え、コンクリートの強度も、基礎の設計には必須です。指定の強度やスランプ等コンクリートの品質でコンクリートを作成したことを示す資料の一つです。こちらも一般的にはあまり見ることはないかもしれませんが重要な資料の一つです。

基礎工事に用いたコンクリートの性能

あとがき

耐震等級3を取得する基礎工事のお話しをしましたが、耐震等級にかかわらず、こういった基礎工事は基本だと思います。構造設計次第で、フラットスラブにして、基礎の下に入る地中梁を無くし、基礎の立ち上がりで地中梁扱いにする方法もあります。

ここは施工会社や設計事務所、ハウスメーカーのコスト設計のやり方だったり様々ですが、今回は一般的なしっかりとした基礎のわかりやすいポイントを述べさせていただきました。

未だに、木造住宅の特例に甘んじて、手を抜く工事が多々ございます。今では大手ハウスメーカーさんの方がしっかり工事をされていることは現場を見ればわかります。せっかくの注文住宅なのでしっかりした耐震設計と基礎の工事の上に住んでほしいと願います!!