ウッドファイバー、吹付発泡ウレタンを中心に断熱材を比較する

吹付発砲ウレタンの断熱

最近はやっている、吹付系の断熱はどうですか?

少し家づくりに詳しい方であれば、知っているかもしれません

吹付発砲ウレタンという断熱材の事だと思ってもよろしいかと思います。こちらの商品は、大工さんが、工事を進め電気配線まで終わったところで、数日掛けて専門業者が、壁面や屋根に吹き付けていく工事方法です。

吹き付けると、モコモコモコと現場で発泡します。その為、隙間の無い施工が安易に可能になるのです。断熱性能、気密性能の担保がしやすい断熱と言えます。

吹付発砲ウレタン

デメリットと言われる事についてお話し致します。

①火事の時に燃えてしまう。

発泡ウレタンを否定するときに、良く言われる文言です。実際火事の場合、壁の中まで火が侵入するまで時間があります。壁の中まで火が進入したのであれば、確かに燃えやすいという事は事実のようですが、むしろ住宅の火事の事を心配するならば、火事が起きないように、消火栓を用意したり、火災警報器を用意する方が重要であります。火に弱いという事であればそれなりの対応をすれば良いのだと思います

②次に、価格が高い!

これも15年前であればグラスウールの3倍や5倍するものもありましたが、今は現場発泡ウレタンは、流通量が多くなってきており、専門業者も増えて比較的安価になっています。一般的なグラスウールと比較すると、グラスウールの商品だけで考えると安価ですが、実際は専門業者ではなく大工さんが施工する事が多く施工費と言うものが、見えにくくなっていて分かりずらいですが、施工費用は掛かります。 そうやって比べるとすごく高い商品ではなくなってきています

③木造とウレタンの相性

現場発泡ウレタンフォームは、吹き付けるので、隙間なく施工が可能になった商品です。しかし、木は痩せます。木材は、建物として使われるときが最も良い状態だとは限りません。たとえば施工時大雨に濡れた状態で、断熱施工をしたとしても、年月により乾燥で痩せる事もありますし、濡れた木材のままだとその湿気の逃げ道が無くなってしまいます。簡単なイメージで言うと木造は動いて痩せるのです。やはり、短納期で現場を造り上げる事は工事会社にとっては重要ですが、ウレタンを吹くタイミングはしっかり見極める事が重要です。

注意すべき工事方法

外壁の面材が無い状態のウレタン吹付工事

吹付ウレタンフォームは、何かに吹き付ける必要があるので、建物の外周部を面材で覆う必要があります。しかし、未だにローコストメーカーで面材なしで吹き付けている場合があります。この場合、防水紙に吹き付けているだけなので、はらんだり、垂れたりすることは必至。もちろん、そういった事にも配慮して工事をしていればいいですが、多くの場合はそんなことはありません。面材の無い場合は注意です。

グラスウールはどうですか?

これも良く聞かれる質問です。

皆さんの良く知っている断熱材では、GW(グラスウール)があります。ガラス繊維系の断熱材で、最も日本では流通しているものです。

高性能グラスウール

流通している理由としては、価格が最も安価でどこでも手に入る断熱材であるからです。しかも大工さんでもできる施工難度であります。しかしながら、一般的にグラスウールの評判は、良くない事が多いので、

私達もグラスウールって大丈夫ですか?と聞かれる事が多くあります。

評判の悪い理由-施工精度の悪さと、壁体内結露の写真の多さ

間違えないで欲しいのは、グラスウールが悪いのではなく、施工精度の悪さがこのような悪評を広めています。それに加え、グラスウール自体は長年使われていて、まだ施工方法の確立していない時代の建物をリフォームすると、壁体内結露で黒ずんでいることが多くあります。そういった写真が出回っていることも原因と考えられます。

またグラスウール自体は、安価であるため、建売や分譲住宅でも多く使われていますが、未だにしっかり工事監理が出来ていない場合が多く、施工精度の悪さが見受けられます。このような事は、リフォームを行うと一目瞭然でわかります。施工精度のポイントは、内部に湿気を入れない、貯めない、そういった工事が必須になります。

しかし、逆を言うと、施工がしっかりしていれば、安価で、断熱性能も上げっているグラスウールは使いやすい材料の一つという事が出来ます。

ウッドファイバーについて

ウッドファイバーという断熱材

ウッドファイバーは、自然系の断熱材として、日本では新しい部類の断熱材になります。

木質繊維を、主原料としているので、エコな建材であり、生産エネルギーも小さいので地球にも優しいと言われています。断熱材としての性能は高性能グラスウールと同程度の性能があります。

特質すべき性能としては、防音、調湿、熱容量の3点は、素晴らしいと思います。これらの性能は、元来、木材自体が持っている性能なので珍しいものではありませんが、断熱材に木材を用いることでこんなにメリットを得られます。

イメージとしては、家自体が木材と言う感じですね

ウッドファイバーの搬入、施工難易度

ウッドファイバーの利点に施工性の良さの記載がありますが、実際は、なかなか施工は大変です。確かに丸鋸で切る事は出来ますが、筋違部分の施工はかなり大変でした。木材の繊維の塊なので、断熱材としては重量があります。また、大変かさばるので搬入、設置も工事中の配慮が必要になります

ウッドファイバーを簡単に施工するには、耐力壁を面材で計算して、筋違を無くすようにします。また配線スペースも壁をふかしておく方が良いでしょう。

価格は、やはり高いので、もう少し広がって安くなればいいなぁと思う商材の一つです。

最近のグラスウールは、袋入りになっていて、気密工事も安易になっていますが、ウッドファイバーは、裸でくるので、別途透湿気密シートの施工が必要になります。しかしこの透湿気密シートのおかげで、湿度のやり取りが可能になります。手間は掛かりますが、その分性能もよいのです。

もう一つ、注意したいのが、防火構造の認定が少ないので、外壁など意匠が限定される場合もあるのでデザイン的な注意はしておいた方が良いです。

いろいろ、工事的な部分で意見がありますが、見た目だけでなく、木材の性能に囲まれた住まいは、私にとってとても惹かれる断熱材です。

ウッドファイバー

その他の断熱材

パネル系外断熱

外断熱について

外断熱が一番良い断熱という、お話が数年前良く報じられていました。

外断熱は、簡単に言うと、構造体すべてを外側から断熱するというものです。木造の場合、躯体の熱容量が小さいので、温度変化が大きく、外断熱とは言わず外張断熱と言います。一方、従来の柱の内側に入れる断熱を充填断熱と呼んでいます。

外張断熱の一般的な仕様と欠点

外張断熱は、写真のような発泡系のパネル形式の断熱材を用いることが一般的です。外側に断熱を張るという事で欠点もいくつか出てきます。

ボード系断熱材

①ある程度以上断熱材の厚みを増やすことが困難になる

外部に長い断熱材用のビスで留める為、どうしても厚みに制限が出てきてしまいます。その為、断熱性能の限界が生じてしまいます。現場発泡ウレタンフォームの断熱材の所でもお話ししたように、将来的な木痩せが、ビスの保持力を減少させ、断熱材の垂れを誘発させる可能性は否めません。 やはり現場の管理は重要だと感じられます。

②外部に張るので、複雑な形状の建物には不向き

複雑な形状においては、充填断熱よりも断熱工事に手間がかかるので、シンプルな形状向きの断熱です。

③コストが掛かる 、雨仕舞が難しい

断熱材も多少高いですが、それよりも断熱材が外部なので、なかなか雨仕舞の工事ができない為、工程管理が難しくなります。その分大工さんの工事は長くなります。 この管理が勘所になります。

性能はすばらしい外張り断熱

何と言ってもメリットは、気密が確保しやすい、熱橋が無い、結露が少ない。どこのメーカーさんもそこのメリットを謳っています。

更に、充填断熱ではないので、内部のデザインの自由度は非常に高く、リノベーション、リフォームなど将来の間取りの変更にも対応しています。

最近では、断熱不足を補うため外張断熱と、充填断熱も併用した工法も出てきました。ある程度の性能を求めようとすると、ダブル断熱は必須になってくるでしょう。

今後は、より省エネ、エコが叫ばれる状態になるので、併用断熱は更に増えるように思えます。

その他の断熱材

羊毛断熱材など

他にもたくさんあります。

例えば、ポリエステルの断熱材、羊毛断熱材、セルロースファイバーの断熱材、ロックウール、現場発泡ウレタンフォームも多様な商品が出ています。

セルロースに関してはこちらを参照してください

それぞれメリット、デメリットが存在しています。たとえば、ポリエステル断熱材は、リサイクル性の高い商品であり、羊毛断熱材は調湿性能などに効果ありなど。実に良いものがあふれています。

もし、皆さんでも気になる商材があれば調べてみるのも楽しいでしょう。

追伸

断熱材は、こだわると大変面白いのですが、やはり、コスト・施工方法・意匠の3点を見極めて選択する事が大切です。断熱材は家づくりの一つのポイントでしかないので、あまりマニアックにならないようにしましょう