住宅の設計は、わがままを形にしよう

わがままというと、あまり良いイメージでないですが、やはり家づくりで必要な事は、~したいという気持ちです。結局のところ、要望が無ければ、すまいの設計は始まりません。なんでも良いのであれば、建売でもOKですよね。なにかしら、『通したい希望』みたいなのがあったり、『普通はなんか嫌だ』と漠然と思ったり、『納得した家にしたい』と思ったりするから注文住宅はあるのだと思います。

住宅のデザインとはわがままを形にするチカラ

建物の設計は、それぞれ、目指すところが異なります。
例えば、飲食店の設計なら、従業員がオペレーションしやすいプランニング、いらしたお客さんに、また来たいと思わせるデザイン。こういったところを設計します。ホテルなら、非日常空間を味わいつつ、その旅の一つも思い出の一端を味わえるようにデザインします。
デザインにサプライズがあったり、エンドユーザーの心に響かせることがとても重要になります。

一方住宅の場合、第三者の来客者が毎日来るわけではありませんね。そこに過ごす家族が楽しめる空間になっていれば良いわけです。でもこれって家族の数だけ、趣味も、考え方も、家族構成も違うわけで、楽しい・かっこいいと思える空間はあるわけで、無数に存在します。

わがままをコントロールする住宅設計のポイントは取捨選択できるかどうか

だから、住宅のデザインはわがままがとても重要。そのわがままをコントロールできれば家はとても良くなります。そうすれば、家はもっともっと楽しくなるはずです。わがままにだめはないのです。むしろ、メリットデメリットを認識して取捨選択する事が必要。

これには、とても設計力が求められます。こちら側に沢山の知識が無ければ、提案できないのです。房総イズムの設計は、同じようなモノがないのはそういう事です。

わがままを形にするインテリア

わがままを形にするインテリア

このインテリアガラスは、なんと3枚重ねています

ラメガラス+和紙の合わせガラス+ラメガラス

普通はこんな使い方しませんが、別に重ねていけないなんてどこにも書いてありません。
和な感じに、きらびやかさが生まれています。

施主要望
『ラメのガラスもいいし、和紙のガラスもいい、光を当てた時ラメが見たい』

普通は、どちらかの選択をしなくてはなりません。でもそれでは、このわがままが形になりません。しかも玄関なのでみんなに見てもらいたい。そこで、3枚のガラスの合わせ技にしました。

わがままが形になった一つですね。

柔軟に発想すればあなたのわがままも、他にはないデザインになります。