こんにちは、房総イズムです。今回は15坪の小さな平屋です。15坪なので、かなり狭さを感じるかもしれませんが、12.5坪よりも自由があります。そんな15坪の小さな平屋の設計メソッドお伝えします。15坪の魅力を探してみて老後の移住を身軽に住む!!!小さな事も結構楽しいですよ

老後の移住を、15坪小さな家の平屋。

前回の12.5坪に引き続き、最小の小さな平屋シリーズ。15坪の小さな家の平屋についてお話しします。

日本の家は、ものすごくたくさんの家が核家族用に作られているから、2人で暮らすには、

広すぎる!!!!!!!!!

前回の記事:断舎利。ミニマリスト必見。狙うは12.5坪

入らないものを捨てつつ、老後の移住を身軽に住める・15坪という大きさ

小さく住まう事、少し離れて暮らすこと、自分の部屋を持つことを商品化したのが、我々の小屋シリーズDRESSLODGEシリーズです。15坪を生かした設計にしています。

15坪の住まいがピッタリの移住の方達とは、

都市部の一軒家の3~4人家族が住む住まいの大きさが二階建ての約30坪、3LDK~4LDK。15坪はちょうどその半分になり、このDRESSLODGE 15坪は、1LDKの間取りになります。

老後の夫婦2人暮らしがちょうどよい理由

一般的な二階建ての30坪の家に比べると、

二部屋分小さくなり、階段が無くなり、4人分のLDK広さが必要なくなる
という事になります。つまり、子供部屋や、廊下など、いらない部屋がなくなったイメージに近い広さになります。

15坪の小さな平屋の家の間取り図

15坪小さい平屋の間取り

15坪小さい平屋の間取り

12.5坪と比べると2.5坪大きいので、少し余裕のあるプランになっています。このサイズの2.5坪はかなり大きく感じます。もちろん基本デザインは同じです。違いと言えば、トイレの入り口がある。二部屋に分かれているの二点になります。

設計①LDKを広く計画する

特に、このような小さな平屋の間取りの時には、LDKを広く計画する事が重要です。個室は寝るだけ程度にして、日々の生活を楽しむように、LDKに比重を置きます。

設計②開口部は2方向

12.5坪の計画と同様に開口部は2方向設け入た方が空間を広く使えます。

設計③小さくても個人の部屋を作る

二人暮らしでも個人の生活も楽しめるように、個室+WIC+個室と言うように空間を分節しているのが特徴です。

設計④玄関はや廊下は最小の間取りにする

玄関や廊下は、住まいの中で通過空間と言われ、滞在時間が非常に短い部屋になります。だからこそこういった小さい住まいでは、思い切って小さくするか、無くしてしまうような設計が結果的に広さをもたらしてくれます。

設計⑤小さくても、カッコいい!!

建てばいいというものではなく、かっこいい。それが我々の設計です。

15坪のDRESSLODGE

15坪のDRESSLODGE

15坪の小さな平屋は、身軽な暮らしにどうぞ

移住や、二人暮らし、
母屋の横にこの小さい家を長男夫婦が建てる。将来子供が出来たら、親がこちらで、母屋の大きい家は、自分たちが住む。みたいな生活スタイルもあるでしょう。

参考記事

断舎利。ミニマリスト必見。簡易別荘にぴったり。狙うは12.5坪小さい平屋の間取り

追伸

そもそも、この広さで良いのか、という疑問。2人で暮らすなら十分です。広さは贅沢さではありません。家づくりを行っている私達が言うのもおかしいかもしれませんが、家で幸せにはなれません。家を楽しんでこそ房総生活楽しめます。家は拠点だから15坪もありですね。房総イズムは、基本的に住まいの形や大きさにセオリーは無いと思います。みなさんのセオリー見つけ出すにも、自分で設計に参加してはいかがでしょうか!!!