賃貸ではなく自己所有のマンションや戸建てに住んでいるのであれば、リフォームやリノベーションを検討する人は非常に多いのではないでしょうか。

賃貸マンションに住んでいるのであれば、気軽に引越しができますが自己所有の場合はそうもいきません。

しかも、長いこと同じところに住んでいると、あちこちに老朽化がはじまったり住みにくさを感じたりします。

そのタイミングでリノベーションやリフォームを検討することでしょう。

とはいえ、リフォームがどうでリノベーションがどうだったかを解らない人が多いのも事実。

今回はリノベーションとリフォームの違いについてお話しますので、参考にしてみてください。

リノベーションは今あるものの価値を向上させる

リノベーションという名前を聞いただけで、とってもカッコよくてオシャレなイメージを持たれる人も多いことでしょう。

リノベーションとは、簡単に言いますと今あるものの価値を向上させることを表します。

もう少しかみ砕くと、既存の建物で仕切りを広くしたりキッチンをより最新のものにしたり。

古くなったところを便利で快適にすることがリノベーションの役割でもあります。

リフォームは大規模な改修をする

一般的に家の改修をする際にはリフォームという言葉が浸透しているため、よりイメージがしやすいのではないでしょうか。

リフォームとは、外壁塗装や増築、大規模な間取りの変更などをすることを表します。

古くなった建物を新しくすると言う意味では、リフォームもリノベーションも変わりません。

 

・古い建物を新築同様に原状回復することをリフォームと言う

・古い建物を新しくして性能・機能向上をはかり新しい価値を生み出すことをリノベーションと言う

これらの違いがあるため、自分はどっちが希望なのかを考え行動するようにしましょう。

リノベーションは何ができるの?

リノベーションは、今よりももっと快適に機能的することが大切です。ですから、ずっと住むことを考えて新しい価値を生み出すことが重要です。

例えば、1人暮らしだがかなり古い4LDKのマンションを気に入った場合、本来であれば部屋数が多すぎて諦めなければなりません。

そこで、1人暮らしでも快適に過ごせるようすべての部屋の仕切りをなくし、1LDKにすることができます。

さらにはカッコいい照明を取り付けたりスピーカーを埋め込むことで、より快適で理想的な空間を生みだすことができます。

二世帯住宅のリノベーションについての記事はこちら

ちょっと裏ワザ。売れない不動産、千葉の中古二世帯住宅を減築してリノベーションしよう!

 

リフォームは何ができるの?

対してリフォームでは何ができるのでしょうか。

リフォームは経年劣化によって壊れたり汚れたりしたものをもとの状態、または新築の状態に戻すことができます。

汚れた天井や壁、外壁、フローリングなどを張り替えることで、見た目もキレイになります。

どうしてもずっと同じ場所で生活していると、あちこちに不具合がでてくるため、修繕することでこの先もずっと快適に過ごすことができます。

リノベーションとリフォームをするうえでの注意点

では、実際にリノベーションやリフォームをするときに気をつけておくことはなんでしょうか。

部屋の間取りを変えることができるかどうか

リノベーションをする際に、絶対に考えておかなければならないことがあります。

それが、部屋の間取りを変更できるのかどうかです。

特にマンションの場合はほかの住人との兼ね合いもあり、共用部分にあたるところや場所によっては間仕切り壁の撤去ができないケースがあります。

なぜなら、契約上の問題もありますし仕切りそのものが建物を支えているケースがあるからです。

もし仕切りを取り除いてしまったとしたら、ちょっとしたことで建物が崩壊してしまう可能性もあります。

そうなってはリノベーションどころか大問題となってしまうため、注意が必要です。

そうならないためにも、事前にどこまで間取りを変更できるのかどうかをチェックしておきましょう。

仮住まいを探しておく

リフォームもリノベーションも、大きな工事になればとてもじゃないですがその家に住むことはできません。

ですから、工事期間中は今の家に住むか、住んでいる家をリノベーション、リフォームするなら仮住まい用の家を探しておく必要があります。

今の家を改修する場合は、もちろんどこかの賃貸を借りることが多いため、その分の費用も考えておかなければなりません。

電源と水回り周辺をチェックしておく

リノベーションをする際に、もうひとつ気にしておくことがあります。

それが電源や水回り周辺をチェックしておくことです。

なぜなら、リノベーションではキッチン周辺とそれに伴う電源の施工をすることがあるからです。

例えば、オール電化(IH)にしたい場合、もともとの電源容量と一致しなかったために、他の家電製品が使えなくなることがあるからです。

住む場所によっては、電気容量に制限をもうけている場合があるため、事前に確認をしておくことが重要です。

さらに、システムキッチンやユニットバスを導入する際に、排水口の位置にも注意が必要です。

住宅診断をしておく

住宅関係に詳しくない人であれば、今の家のどこがダメで何をリノベーションすればより良くなるのかが解りません。

それらにかかる費用も期間も解らないのが当たり前です。

それでは、リノベーションをするのも不安になってしまうことでしょう。

そこで、住宅診断をしておくことで不安と言うものはなくなります。

住宅診断はホームインスペクションとも言い、事前に住宅の状態を専門家がチェックしてくれます。

それによってどこが悪くて補修しなければならないのかを、知ることができます。

ホームインスペクションを行うことで、

・見た目だけにとらわれないリノベーションやリフォームができる

・改修前に不具合を発見して再度工事をしたり追加費用の発生がなくなる

・悪い箇所を修繕してリノベーションやリフォーム後も快適に過ごすことができる

など、後々気が付いてまた工事をしなければならなくなったり、追加費用が発生することがなくなります。

リノベーションはこんなことができる!

木造であれば、間取りや水回りの変更、窓を増やしたり減らすこと、階段の場所を変える、減築して平屋にするなど。

鉄筋コンクリート造であれば、間取りや水回り、床の変更、設備を増やすことなど。

もちろん、なんでもかんでもできるわけではありませんが、規約・制約内やものによっては申請をすればできることがあります。

リノベーションはこんなことができない!

木造であれば、建物を支えている柱などの撤去はできません。

法律違反をするような増築と、2階建てを3階建てにするようなものもできません。

なんにせよ、家を守っているようなものだったり法律にひっかかるようなリノベーションはできません。

まとめ

ここまでのことをまとめると、

・リノベーションは今あるものの価値をさらに高めるためにする

 

・リフォームは古くなったり壊れたものを新しくして元に戻すためにする

・リノベーションでもできることとできないことがある

・リノベーションやリフォームをする前に注意事項を知っておくこと

 

リフォームとリノベーションをするのであればまず、どちらに該当するのかを考えておきましょう。

そして、できないこととできることを知っておけば、より素敵なリフォームやリノベーションが実現すること間違いなしです。