最近非常にテレビなどのメディアで良く耳にする、リノベーション。

自分の家の中身もそろそろ変えたい人にとっては、非常に気になるワードではないでしょうか。

でもリノベーションという言葉は、なんとなく知っているけれど詳しくは知らない人がほとんどのはず。

そこで今回は木更津で間違いない、リノベーションをするために絶対やっておくことをお伝えしますので、参考にしてみてください。

そもそもリノベーションとは?

では、そもそもリノベーションとはどういう意味なのでしょうか。

リノベーションとは、「Renovation=革新や修復」を意味するため、もともとある中古物件に対して家をより暮らしやすくしたり、機能性や価値を高めるための改修をしたりすることを表します。

もちろん、今実際に住んでいる家であればこの場所はとても気に入っているから手をつけたくない。

でも、一部の場所が不便で改修したい、そう思ったときにリノベーションは大きな力を発揮することができます。

例えば、骨格の部分を残し電気、ガス、水道関連などを必要に応じて改修することもできますし、間取りなども改修することができます。

また、これから家を探す人にとっても、新築よりも安い中古物件を購入してリノベーションをするケースが増えています。

リノベーションをするメリット

では、リノベーションをする際にどのようなメリットがあるのでしょうか。

設計が自由にできる

リノベーションを行う最大のメリットと言えば、設計を自由にできることではないでしょうか。

長く住むということもあり、家の作りにこだわる人が多いのも事実です。

特に、すでに完成しているような住宅の場合、決まりきった内装や外装が多いため、住んでいるとどうしても楽しくなくなってしまいます。

リノベーションをすることで、自分や家族の理想を叶えることができるため、強いこだわりを実現することができます。

新築よりもコストを抑えられる

家を買いたいと考えときにすぐ行動できればいいですが、なかなかそうもいきません。

なぜなら、住む場所によっては目玉が飛び出るくらいの高い土地と建物代を何十年位も渡って支払い続けなければならないからです。

もちろん、何もかも新しい住まいがいいのであれば新築がおすすめですが、そうではない場合は、リノベーションも検討しておくべきです。

例えば、同じ場所や条件で住宅購入を検討したときを想定してみましょう。

良い場所で新築マンションの価格が3,600万円だったとします。

中古マンションをリノベーションした場合は、多く見積もっても2,600万円程度。

いかがでしょうか。

中身を新築マンションのようにリノベーションするだけで、1,000万円以上の差がつくというわけです。

数万円くらいの差であれば、迷わず新築物件を選んでしまいそうですが、さすがに1,000万円の差はあなどれません。

戸建、買ったら、建替え?スケルトンリノベーション?外壁も壊した方が良いのか?

ローン地獄から解放される

新築物件よりもコストを抑えらえることから、その分のローンの負担も減らすことができます。

特に、新築物件と比べて数百万円から数千万円も変わってくると、それこそ10年単位でローンを減らせますし、月額のコストも抑えることができます。

今は先が見えないこともあり、ローンの支払いで四苦八苦している人も多いことでしょう。

ですからリノベーションをすることで、大きな費用を削りストレスのない生活を過ごすことができるでしょう。

家を選ぶ選択肢が増える

新しい物件を探すときに、住みたいエリアや環境から選ぶケースは少なくありません。

ですが、なかなか理想の住まいが見つからずに、精神的にも肉体的にも疲れ果ててしまうこともあるでしょう。

それは予算内に全然収まらなかったり、住みたい内装や外装ではなかったからです。

新築物件だけを探しているからそうなってしまうというわけです。

ところが、許容範囲を広げてあげることでよりいい物件が見つかる可能性があります。

例えば、すでに空き家となっている住めないようなマンションや一軒家をリノベーションすること。

築20年以上の古い建物だったとしても、リノベーションをすることで新築同様の見た目と機能を取り戻すことができます。

中古物件だから嫌というのもあるかもしれませんが、リノベーションで完全に気にならないレベルまでできますので、選択肢として考えておくべきと言えます。

ちょっと裏ワザ。売れない不動産、千葉の中古二世帯住宅を減築してリノベーションしよう!

 

リノベーションをするデメリット

なんでもそうですが、メリットがあればデメリットも存在しています。

ではリノベーションをするデメリットは、どのようなものがあるのでしょうか。

施工中は家に住むことができない

リノベーションは大規模な工事になることもあり、そのあいだは家に住むことができません。

施工内容によっても変わってきますが、おおよそ3カ月から半年くらいは見ておかなければなりません。

現在、賃貸に住んでいるのであれば更新のタイミングを気にしておかなければなりませんし、近いうちに物件の売却日が決まっているのであれば、それに合わせる必要があります。

この場合は、事前に担当者と日程のすりあわせをしておけば、問題ありません。

構造によってはリノベーションができないこともある

リノベーションと言っても、全てのことができるわけではありません。

例えば、マンションの場合。

その階だけの外装色を変更したいということはできません。

これはマンションの共有部分に該当するからです。

そこだけ色が変わってしまうと、トラブルのもとにもなってしまいます。

また、基本的には骨組みをなくすことができないため、そこに柱がある場合も撤去ということは難しくなってしまいます。

戸建て住宅の場合も、耐震性や耐久性がとても重要なため、それらを無視してリノベーションをすることはできません。

なんでもかんでもやってしまうと新築物件よりも高くなる

リノベーションするまえは、あれも欲しい、これもしたいという希望や夢などが全面的に出てしまうため、全てをやってしまいがちです。

当たり前ですが、全ての理想をかなえようとした場合、おもってもいなかった費用がかかってしまい、割高になってしまうことにも。

そうなるとせっかく新築物件よりも安くなるはずのリノベーションが、それよりも上回ってしまうという残念なことになる場合もあります。

また、耐震基準を満たしていない古い物件の場合も、それに対応するために費用がかかってしまうケースがあります。

リノベーションを検討しているのであれば、事前にデメリットを知っておくだけで、大きな失敗をすることはなくなります。

木更津でリノベーションをするなら「房総イズム」へ

もし木更津でリノベーションを検討されているのでしたら、房総イズムへお任せください。

房総イズムでは、住宅に関する専門家があなたをフルサポートいたします。

設計や施工はもちろん、土地や物件探しまでを、不動産・建築・地域の総合評価をもとに、あなたにピッタリな住宅を提供することができます。

まとめ

ここまでのことをまとめると、

・既存の建物をリノベーションすることで新築よりも安く改修することができる

・リノベーションを検討した住宅探しなら選択範囲を大きく広げることができる

・リノベーションは設計が割と自由にできるためやりたかったことが実現できる

木更津でリノベーションをするなら房総イズムにお問い合わせください。

人生においてリノベーションはそう何度も経験するものではないため、不安なこともあることでしょう。

房総イズムでは、どんな些細なことや疑問に思うことを、親切丁寧にご案内いたします。