内房移住の注文住宅:リノベーションの設計事務所

カッコいい良い家とは

かっこいい家は、どこかをこだわっています

売れない、郊外の中古二世帯住宅の家を購入しよう!!

中古二世帯住宅のような大きい家の問題点、デメリット教えてください。 小さい家より大きい家の方がイイ!!少し前までは、そんな要望が多くありました。しかし現在のトレンドは、小さいサイズの家の方が人気があるようです。 少し大胆に、大きな家のデメリットを説明します。 ①大きい中古の家は掃除が大変 大きな家は

カスタムオーダーキッチン   THINKAⅡの完成披露会

カスタムオーダーキッチン   THINKAⅡ(シンカ)とは こちらの商品は、住宅ソリューションズ株式会社が販売するカスタムオーダーキッチンです。 商品開発のデザインミーティングの段階から参加したTHINKAの後継機になるTHINKAⅡ。THINKAのネーミングは、think out[工夫する]+進化

住宅設計のポイントはわがままを形にする

わがままを形にしよう わがままというと、あまり良いイメージでないですが、やはり家づくりで必要な事は、~したいという気持ちです。結局のところ、要望が無ければ、すまいの設計は始まりません。なんでも良いのであれば、建売でもOKですよね。なにかしら、『通したい希望』みたいなのがあったり、『普通はなんか嫌だ』

君津の注文住宅 無垢フローリングを選別する

無垢のフローリングは、均一ではありません 無垢のフローリングは、とても風合いがあって良いのですが、商品は均一ではありません。自然物だから当たり前と言えば当たり前。すべて良い所を選んだ商品もありますが大変高価。たとえば、柱で、4面とも無節をそろえようとすれば、大変高価なものになります。見える部分の1面

君津の注文住宅 すのこファサードは様々な効果を生む

外壁材をすのこ状に張る ドレスロッジの小屋シリーズでも多様しているすのこファサード。 今回の泉の家でも使います。 杉の赤身と外壁の着色 普通に木材をすのこ状に並べて張るのは、デザイン的に均一化してしまい面白くないので、私達は材料を二種類使い、リズム感を持たせて外壁を作ります。 材料は、様々用いますが

キッチン第一主義の注文住宅-キッチンを南側に置く理由とL型キッチン+アイランド

キッチンを南側に置く理由 住まいの設計において、水回りは北側に計画する事がセオリーです。従来保存方法などあまり確立していないころは、日陰に台所は計画した方が理に適っています。しかしながらそうやって台所を追いやってしま宇ことの弊害もあります。 昨今、食事は家族や友達などコミュニケーションの一つとして重

君津市の注文住宅~断熱材はセルロースファイバー。断熱と気密のお話し~

君津市の注文住宅、広い家より寒くない家。 前回の棟上げした君津市の注文住宅 〜方形の屋根で軒の深さが1.4m〜の記事に続き、断熱材のセルロースファイバーの施工になります。 関東の家はさむい!! 関東の住まいは、寒い。その為北海道の人が来たら関東は寒いと言います。北海道の住まいは、外が寒い分、家の中は

千葉の広い敷地で、L字型の間取りを設計事務所が設計する3ポイント!

L字型 間取りの住宅を設計事務所が設計する3つのポイント! 今回はL字の形をした住宅についてお話ししたいと思います このL字型ですが、余裕のない敷地でやるとかなり窮屈な住宅になりがちです。当たり前の事ですが、同じ10m×10mの正方形の中に、L字を入れてみるのと正方形を入れるのでは、どうしてもL字の

君津市の注文住宅 〜方形の屋根で軒の深さが1.4m〜

棟上げ。君津市の注文住宅は方形の屋根で、随所にこだわり 今回の住まいは、君津市泉。外観や内部は様々こだわりがありますが、まずは無事棟上げ。 冬の青空は本当に真っ青。寒いけれど、気持ちの良い日が多いです。 注文住宅の泉の家は、平面形状が正方形の軒廻りで、屋根は方形になっています。 方形と言うのは、四隅

グロスクリアオイルを塗る時は、乾かす時間と匂いに注意。

グロスクリアオイルを塗る時は、乾かす時間と匂いに注意。   私たちが家具のクリア塗装をする場合には、株式会社Planet Japanのグロスクリアオイルを使用します。自然系塗料の中ではお勧めの商品です。 注意をしなければならないことは二点ほど。 自然系の塗料全般に言えることなのですが、以下